StarWarsGalaxies の世界に存在する様々なパラメータ。その一部を実証的に研究して、議論し、発表し、そして楽しむことが当研究所の目的です。
↑乱雑な実験室の内容を見やすくまとめました。整理整頓。
アストロメク/フライトコンピュータの容量とプログラムサイズ
LVが高くなるとプログラムサイズも大きくなる。




アストロメク/フライトコンピュータの容量
 LV1 ?
 LV2 (40)
 LV3 (70)
 LV4 (110)
 LV5 (125)
 LV6 (150)

各ドロイドプログラムのサイズ

リアクタ・オーバーロード
  LV1 (5)  LV2 (10)  LV3 (20)  LV4 (25)

ウェポン・オーバーロード
  LV1 (5)  LV2 (10)  LV3 (20)  LV4 (25)

エンジン・オーバーロード
  LV1 (5)  LV2 (10)  LV3 (20)  LV4 (25)

ウェポン・コンデンサ・オーバーチャージ
  LV1 (5)  LV2 (10)  LV3 (20)  LV4 (25)

コンデンサ・エネルギー、シールド転用
  LV1 (5)  LV2 (10)  LV3 (20)  LV4 (25)

【解説】
例えばアストロメクLV3(容量70)の場合だと、ウェポン・オーバーロードLV3(サイズ20)、エンジン・オーバーロードLV2(サイズ10)、ウェポン・コンデンサ・オーバーチャージLV3(サイズ20)、コンデンサ・エネルギー、シールド転用LV3(サイズ20)を入れると合計サイズ70となる。
[PR]
by hei-swg | 2005-09-16 18:00 | ドロイドコマンド実験室


シップウェポンの視覚効果 >>