StarWarsGalaxies の世界に存在する様々なパラメータ。その一部を実証的に研究して、議論し、発表し、そして楽しむことが当研究所の目的です。
↑乱雑な実験室の内容を見やすくまとめました。整理整頓。
【シップウェポン】 対アーマー、対シールド (その1)
「対アーマー」「対シールド」の意味を探ってみた。



1回目:シールドを削る


Arvent 船長に協力をお願いして、ダメージを計測した。

【目的】
対シールドの意味を探るため、シールドに実際に与えるダメージと、パーツの性能として表示されているダメージ(ダメージ×対シールド)を比較する。

【結論】
与えたダメージは、パーツに表示されているダメージの72%(大きく見積っても78%)となった。
100%にならなかった理由として、次のような可能性が考えられる。
(1)標的との距離が離れると、ダメージが減少する。
(2)隠しパラメーターが存在する。

さらなる検証が必要。

【結果】
与えたダメージ(以下、実験結果)
最小値:172、平均値:207.5、最大値:243

パーツに表示されているダメージ(ダメージx対シールド)(以下、表示性能)
最小値:235.4、平均値:287.0、最大値:338.7

実験結果 ÷ 表示性能
最小値:0.73、平均値:0.72、最大値:0.72

ダメージを与えてから数値を読み取るまでに、回復している可能性もある。
シールドの充填レート16.3を考慮すると、

(実験結果+16.3) ÷ 表示性能
最小値:0.80、平均値;0.78、最大値:0.77

なお、ダメージは以下の通り
212, 183, 210, 223, 184, 243, 186, 215, 200, 190,
209, 189, 235, 226, 225, 234, 224, 172, 178, 211

【方法】
使用したシップウェポン
ダメージ:357.7 - 514.7
対シールド:0.658
ダメージ×対シールド:最小値:235.4、平均値:287.0、最大値:338.7

使用したシールド
充填レート:16.3

帝国と同盟としてディープスペースに入り、静止した状態で撃つ。
一発撃っては、Vで表示されるステータスウィンドウでシールドHPを確認する。
全部で20回。

Thanks to Arvent

[PR]
by hei-swg | 2005-06-23 18:15 | シップパーツ実験室


<< 【シップウェポン】対アーマー、... 3人で実験 >>