StarWarsGalaxies の世界に存在する様々なパラメータ。その一部を実証的に研究して、議論し、発表し、そして楽しむことが当研究所の目的です。
↑乱雑な実験室の内容を見やすくまとめました。整理整頓。
リアクター
全パーツへ駆動エネルギーを供給する。




生成レート
エネルギー生成率。各パーツのリアクター・エネルギー消費の合計は生成レート以下でなければならない。大きい方がよい。

エネルギー不足
パーツのリアクター・エネルギー合計が生成レートを超えると、ステータス画面(デフォルトでは宇宙でVを押すと表示)で表示されているパーツの下から順にエネルギー不足になる。エネルギー不足になったパーツには、△マークが表示され、不足の割合が「ジェネラル効率」として表示される。エネルギー不足のパーツは性能が落ち、あるいは使用不可能になる。

[PR]
by hei-swg | 2005-07-29 11:52 | シップパーツ実験室


<< シールド シップウェポン >>