StarWarsGalaxies の世界に存在する様々なパラメータ。その一部を実証的に研究して、議論し、発表し、そして楽しむことが当研究所の目的です。
↑乱雑な実験室の内容を見やすくまとめました。整理整頓。
コンデンサ
シップウェポンの発射に必要なエネルギーを供給する。




エネルギー
蓄積されたエネルギー。シップウェポンを発射すると、一発あたり「消費エネルギー」がここから消費される。またドロイドコマンド「コンデンサ・パワー、シールド転用」を使うと、コンデンサ・エネルギーがシールドHPの回復に使用される。充填レートが十分大きければ、コンデンサ・エネルギーが小さくてもシップウェポンの連射には問題ないが、シールド転用に使うことを考えれば、大きい方がよい。

充填レート
一秒間に回復するコンデンサ・エネルギーの量。シップウェポンの一秒間に消費するコンデンサ・エネルギー(EPS)より大きければ、途切れなく連射できる。大きい方がよいが、EPSより大きくても意味はない。

[PR]
by hei-swg | 2005-07-29 10:00 | シップパーツ実験室


<< シップウェポン リアクター・オーバーロード >>