StarWarsGalaxies の世界に存在する様々なパラメータ。その一部を実証的に研究して、議論し、発表し、そして楽しむことが当研究所の目的です。
↑乱雑な実験室の内容を見やすくまとめました。整理整頓。
リアクター・オーバーロード
リアクター・オーバーロードを実行すると、リアクターの生成レートが増える。




生成レート
 LV1  1.10 倍
 LV2  1.30 倍
 LV3  1.60 倍
 LV4  1.90 倍

パーツのアーマーに与えるダメージ
 LV1  5.0 ポイント
 LV2  5.0 ポイント
 LV3  10.0 ポイント
 LV4  30.0 ポイント

コマンド実行速度
 LV1  ドロイド・コマンド速度×5 秒
 LV2  ドロイド・コマンド速度×5 秒
 LV3  ドロイド・コマンド速度×5 秒
 LV4  ドロイド・コマンド速度×5 秒

【解説】
各パーツのリアクター・エネルギー消費合計がリアクターの生成レートを越えると、一部のパーツがエネルギー不足により性能が落ちたり、使えなくなる。そのような時は、リアクター・オーバーロードを実行して生成レートを増やすとよい。

特に、エンジン・オーバーロードなどのオーバーロード系コマンドを使ってリアクター・エネルギー消費が増える時は必須のコマンドといえる。ドロイド・インターフェースがエネルギー不足にならないように、リアクター・オーバーロードは他のオーバーロード系コマンドより先に実行しておく。

オーバーロードしたMk1リアクタを使うことで、積載量を節約することもできる。
[PR]
by hei-swg | 2005-07-27 09:59 | ドロイドコマンド実験室


<< コンデンサ シップパーツ解説 >>