StarWarsGalaxies の世界に存在する様々なパラメータ。その一部を実証的に研究して、議論し、発表し、そして楽しむことが当研究所の目的です。
↑乱雑な実験室の内容を見やすくまとめました。整理整頓。
発射間隔のゆらぎ
等間隔に打ち上げた花火の、タイミングのずれについてさらに調べた。




マクロを使って、等間隔に8発の花火を打ち上げてみた。
同時に、時間をカウントするマクロを実行して、打ち上げイフェクトの表示されるタイミングを計った。

たまたまPCが忙しいためか、おおきくずれるときもあるけど、
どうやら±1秒ぐらいのふらつきは、常にあるみたい。
ショウのプログラムを作るときは、5秒程度を基本のリズムとした方が、綺麗かもしれない。

ただし、これが他の人から見てどうなのか、まだ不明。

ちなみに、時間をカウントするマクロは、ちゃんと1秒間隔で実行されている。この違いはなんだろう。

(1) 2秒間隔で8発連続発射した時の発射間隔(秒)
1,3,1,3,4,1
1,2,2,3,1,2,2
3,2,5,2,1
1,4,2,1,2
1,2,1,1,4,5
2発の発射が重なって、1発に見えることがあるため、数が少ない。

(2) 3秒間隔で8発連続発射した時の発射間隔(秒)
2,2,3,4,3,2,4
2,3,3,4,2,4,2

(3) 5秒間隔で8発連続発射した時の発射間隔(秒)
3,5,5,6,5,4,5
3,8,2,7,3,5,5
4,6,4,6,4,5,5
4,5,5,6,4,5,5
4,5,5,6,4,5,5
[PR]
by hei-swg | 2005-07-03 18:24 | 花火ショウ実験室


<< エンジン・オーバーロード コンデンサ・パワー、シールド転用 >>