StarWarsGalaxies の世界に存在する様々なパラメータ。その一部を実証的に研究して、議論し、発表し、そして楽しむことが当研究所の目的です。
↑乱雑な実験室の内容を見やすくまとめました。整理整頓。
コンデンサ・パワー、シールド転用
コンデンサ・パワー、シールド転用を使うと、その時点で蓄えられているコンデンサ・エネルギーの一部がシールドHPの回復に使われ、瞬時に回復する。




シールドHP回復に使われるコンデンサ・エネルギーの割合
 LV1  25%
 LV2  50%
 LV3  75%
 LV4  100%

コマンド実行速度
 LV1  ドロイド・コマンド速度×1 秒
 LV2  ドロイド・コマンド速度×1 秒
 LV3  ドロイド・コマンド速度×1 秒
 LV4  ドロイド・コマンド速度×1 秒

【解説】
たとえば、コンデンサ・エネルギーが800の時点で、コンデンサ・パワー、シールド転用-2を使うと、800×50%=400がシールドHPの回復に使用される。
コンデンサ・エネルギーが減ってる状態で、実行した場合の転用されるエネルギーの割合は未確認。
残量400の時点で使うと、200がシールドHP回復に使用される。

転用されたエネルギー:回復するシールドHP=1:1になっているかどうかは未確認

転用されたエネルギーのうち半分が前方シールドHPの回復に、半分が後方シールドHPの回復に使われる。たとえ後方シールドHPが減っていなくても、本来後方シールドHP回復に使われるべき転用エネルギーが前方シールドHPの回復に使われることはない。

たとえば、エネルギー400が転用された時、前方シールドHPが500減っていて、後方シールドHPが500減っていれば、前方・後方ともに200回復する。前方が500減っていて、後方が100減っている状態だと、前方が200回復し、後方が100回復する。
[PR]
by hei-swg | 2005-07-03 17:55 | ドロイドコマンド実験室


<< 発射間隔のゆらぎ ウェポン・コンデンサ・オーバー... >>